ASAETとは

この会は、特定非営利活動法人 動物介在教育・療法学会

英語名:Asian Society for Animal-assisted Education and Therapy.

通称:ASAETと言います。

 

 今から7年前(平成16年)に、博物学や動物行動学、人と動物の関係学に興味を持つ者が集い、

北里大学大学院医療系研究科人間科学原論の養老先生の研究室で 「ひとと動物のかかわり研究会」

は誕生しました。

 

 現代の都市社会のなかで、ひとと動物のかかわりを巡るさまざまな問題を背景に、

動物活用プロジェクトを立ち上げ、医療、福祉、教育といった分野に動物を取り入れた

さまざまな活動を通して、人と動物のよりよい環境づくりを目指してきました。

 

 近年、動物の存在が人間の健康増進、補完医療、高齢者や障害者の

ノーマライゼーション及び子供の心身の健康的な発達に大きな役割を担って

いるということが認知され始め、平成20年には「日本動物介在教育・療法学会」が設立されました。

 

 広く動物介在教育・療法を世に普及し、人々に役立つ学問であり、実践でありたいという

願いを同じくする「ひとと動物のかかわり研究会」と「日本動物介在教育・療法学会」は一つになりました。

 

 名称を活動がよくわかるように「特定非営利活動法人 動物介在教育・療法学会:ASAET」に変更し、

新たなるスタートを切りました。

 

特定非営利活動事業について

 

・動物を介在させた医療・福祉・教育の調査および研究事業

 学術大会および勉強会の開催、 学術誌の発行

 

・動物を介在させた医療・福祉・教育を行うための人材育成事業

 アニマルセラピー・ボランティア研修会、セミナー・ワークショップの開催

 セラピーアニマル評価者養成講座の開催及びセラピーアニマル評価者の認定

 動物介在教育インストラクター養成講座の開催及びインストラクターの認定

 アニマルセラピー・ボランティア・コーディネーター養成講座の開催及び、

 アニマルセラピー・ボランティア・コーディネーターの認定

 

・人と動物のかかわりに関する情報提供事業

 メルマガ・ニューズレターの発行、ホームページによる情報提供

 

・人と動物のかかわりに関する普及啓発事業

 講演会、シンポジュウム・イベントの開催、

 Children, Animals, Nature (CAN):自然体験スクールの開催

 動物介在教育・動物介在療法に関する相談および指導

 

ページトップへ戻る