動物介在教育の定義

動物介在教育とは、動物を教育のツールとして活用し、

教育の質及び学習意欲の向上を目的に行われる。

 

対象者各個人または、グループ(クラス)での教育または学習の目的や目標が設定され、

教育計画(または学習計画)に基づき、一定の基準を満たす動物とハンドラーともに、

特別なトレーニングを受けた専門家(動物介在教育インストラクターなど)または教員によって、

教育活動の範囲で実施され、評価される。

 

1990年に、人と動物との相互作用の正しい理解を促進させるために各国で活動している学会、

協会等の国際的な連合体として、

 

米国のデルタ協会、「フランスのAFRAC」、「イギリスのSCA

 

が中心となり、

 

IAHAIO  (International Association of Human-Animal Interaction Organizations)

 

が設立された。

 

この組織の目的は、全てのIAHAIO加盟国、加盟団体の協力と協調により、

世界の「人と動物との相互作用の研究」を「人と動物双方の生活の質と福祉の向上」

に活用していくことである。

 

2001年の会議の中で、AAEという言葉が用いられ、そのガイドラインが提示されている。

 

 

 日本では、学校飼育動物の世話をはじめ、犬とのふれあい(接し方)教室や

動物愛護事業など、動物が存在するだけで動物介在教育と呼ばれ、

「教育(または学習)支援」を目的に動物を用いる。

 

 教育のツールとして動物を活用する。」というプログラムはあまりない。

海外での事例を拾っても、ヒューメイン・エデュケーション(Humane Education)が主流であり、

AAEに関するものは少ない。このような流れを見れば、動物介在教育がまだ新しい緒に

ついたばかりの新しい分野であることがわかる。

 

ページトップへ戻る