教育支援犬とは?

教育支援犬とは

 

教科のねらいを達成させるために、教育のツールとして参加する犬のことで、

陽性強化法を中心にトレーニングされ、十分に社会化された犬を指し

教育支援犬のハンドリング講習や犬の行動学や動物人間関係学などの

知識を持ちえたハンドラーとともに活動する。

 

生活科や道徳などの授業で命の大切さや生き物とのふれあう体験を

得る機会として活躍することが多く、

犬の専門家や、犬の扱いを熟知した人材が参加することで、

教師も保護者も子どもも安心して授業に参加することができる。

ページトップへ戻る