動物介在教育(AAE)指導者養成講座のお知らせ

2月11日ー12日に予定しておりました動物介在教育エデュケーターコースは、募集人数に達せず中止となりました。
なお、平成29年度のエデュケーターコースは、仙台と東京で予定しています。
日程と会場につきましては、総会(2月18日)に決定します。(2017.02.03)

 

受講費および筆記試験受験料を合わせて記載していましたが、受講費と筆記試験受験料を分けて会員区分別になります。
訂正して、お詫び申し上げます。また、申し込みフォームをUPしました。(2017.01.20)

 

1月5日にUPした内容が、昨年度(2016年10月)の案内と同じになってました。
お詫び申し上げますとともに、最新情報を掲載いたします(2017.01.16)

 

2016年度 動物介在教育(以下、AAE)デュケーターコースが延期になっていましたが、
以下の日程で開催します。

日程:2017年2月11日(土)12日(日) 

会場:日本獣医生命科学大学http://www.nvlu.ac.jp/)  C棟501教室

受講資格:どなたでも受講できます。
 
ただし、AAEエデュケーターの取得を希望される方は、先にAAEアシスタントコース
 (1月27日よりWEB講座も開講予定です)を修了し、認定AAEアシスタントを取得される
 とともに、応用編「教育支援犬Ⅰ」も修了していることが必要となります。

受講費: 
基礎編受講料(正会員32,400円、正会員外・一般38,700円)/認定試験(筆記)受験料(会員・会員外:10,800円)

※受講費には資料代が含まれます。

認定を受けるには、
①筆記試験(2月12日)と
②口述(プレゼンテーション)試験および
③実技(教育支援犬のハンドリング指導おおよびエデュケーターの役割演技)試験
①~③の全ての試験に合格することが条件になります。

口述・実技試験の日程及び会場については、受験者数によって異なりますので 筆記試験合格者に後日、ご案内致します。
なお、筆記試験の合格者のみ口述・実技試験の受験ができます。

募集人数 定員8名
(定員に満たない場合は2016年度は中止とします。2017年度の予定は総会後にUPします)

ASAET 動物介在教育指導者「エデュケーター」認定の必須条件

①ASAET正会員であること。

 ・認定申請時に年会費が未納でないこと

②AAEエデュケーターの基礎編および応用編「教育支援犬Ⅱ」を修了していること。

③認定試験、筆記・口述・実技の全ての試験に合格していること。

④過去5年において、学会主催の動物介在教育普及啓発事業および個人または
 所属団体の動物介在活動、動物介在教育、動物愛護教育、学校飼育動物支援等、
 いずれかの現場に参加した経験が20回以上あり、活動証明書の提出があること。
 ただし、過去3年以内にセラピーアニマル評価者の認定を受けた者は免除する。

問合せ先:

NPO法人動物介在教育・療法学会 動物介在教育指導者養成講座事務局 info@asaet.org

E-Mail : info@asaet.org  FAX 044-272-6041

 

ページトップへ戻る