2016年度 「第9回学術大会事前申し込み」 「一般演題発表申し込み」

 

2016年度 第9回 「学術大会の参加」、「一般演題発表」の

申し込みが開始いたしました

 

「セラピーアニマルを知る~多角的な視点から~」

 

1.日時:平成28年10月29日(土)・30日(日) ※28日(金):ASAET勉強会

2.会場:日本獣医生命科学大学 C 棟501 教室  東京都武蔵野市境南町1-7-1

3.プログラム

 

10月28日(金)

動物介在教育・療法学会勉強会 

  • 会場:B棟311教室 → 教室がB413教室に変更となりました
  • 時間:17:30 ~ 20:00                                           
  • テーマ:災害時における人と動物の関係
  • 講師:平井潤子(NPO法人アナイス)
  • コメンテーター:柿沼美紀、的場美芳子、水越美奈ほか
  • 勉強会参加費:2,000 円  学生 1000円 

 

10月29日(土) C棟501教室

 

時間 プログラム
   9:55~10:00 

開会挨拶 

水越 美奈 (大会長)

10:00~11:25

会員活動報告

座長:的場美芳子(日本獣医生命科学大学)

 

A-1(10:00~10:20)

私は動物介在教育エデュケーター

〇大嶽 喜三(一宮AAEドッグスクラブ)

抄録はこちら

 

A-2 (10:20~10:40)

保育園における馬介在教育プログラムの試み

〇中川 美和子(NPOヨナグニウマふれあい広場沖縄本島支部・うみかぜホースファーム)

抄録はこちら

 

座長:押野 修司(埼玉県立大学)

 

A-3 (10:45~11:05)

犬について学ぶためのワークブックの作成とその活用

〇飛田 奈亜美1)・〇伊藤 真優1)・佐竹郁哉1)・新井愛菜1)・千田春花1)・齋藤 久美子1)・的場美芳子1)2)・佐藤美月2)1)学校法人日本環境科学学院専門学校アニマルインターカレッジ、2)株式会社プロキオン)

抄録はこちら

 

A-4(11:05~11:25)

AATにおける犬のおやつを用いた手指訓練

〇佐竹 郁哉1)・千葉智子2)・庄司英子2)・齋藤 久美子1)・的場美芳子1)3)・佐藤美月3)1)学校法人日本環境科学学院専門学校アニマルインターカレッジ、2)社会福祉法人国見会特別養護老人ホーム国見苑、3)株式会社プロキオン)

抄録はこちら

 

13:00~14:30

教育講演

動物を介在した少年院での矯正教育プログラム」

寺山智雄(公益財団法人ヒューマン財団)

 座長:安藤孝敏(横浜国立大学)

14:30~14:45 休憩
14:45~17:00

シンポジウム

「セラピーアニマルのハンドリング技術」

講演1 「教育支援犬」

14:45~15:15

鹿野 都

㈱Animal Life Solutions

麻布大学

講演2 「高齢者施設で活動する犬」

15:20~15:50

千葉 陽子

(赤坂動物病院)

講演3 「精神科の病院で活動する犬」

15:55~16:25

平野 恵理子

(人と動物の会WANSELF)

総合討論

16:30~17:00

座長 水越 美奈

(日本獣医生命科学大学)

17:30~19:00 懇親会 (5階応接室)

 

10月30日(日) C棟501教室

時間 プログラム
10:00~11:45

研究報告

座長:安藤孝敏(横浜国立大学)

B-1(10:00~10:20)

生き物を活用した活動の特性‐生き物の世話を体験した小学生の記述から‐

〇土田あさみ・藤岡真実・横山直・木本直希(東京農業大学)

抄録はこちら

 

B-2(10:20~10:40)

イヌの存在が対人行動に及ぼす影響:公共財ゲームを用いて

〇野瀬出1)・柿沼美紀1)・入交眞巳1)・政本香2)・土田あさみ3)・林幹也4)

1)日本獣医生命科学大学、2)松山東雲女子大学、3)東京農業大学、4)明星大学)

抄録はこちら

 

座長:局博一(東京大学)

B-3(10:45~11:05)

牧場実習におけるウシのストレスに関する研究

〇若林真由・銀梓・佐藤巧・藤平篤志・三浦亮太・水谷尚・天尾弘実・山田裕・神谷新司・吉村格・望月眞理子(日本獣医生命科学大学)

抄録はこちら

 

B-4(11:05~11:25)

被災動物に対する意識調査:被災を経験した乗馬クラブ関係者と他集団の違い

〇銀梓1)・水越美奈1・濱野佐代子2・望月眞理子11)日本獣医生命科学大学・2)帝京科学大学・アニマルサイエンス学科)

抄録はこちら

 

B-5(11:25~11:45)

セラピーホース活用への課題と可能性

〇菅野恵子(エクウストリアン リサーチ オブ ジャパン)

抄録はこちら

 

13:00 ~ 14:40

シンポジウム

「犬以外のセラピーアニマル」

講演1 「ウサギについて」

13:00~13:20

吉村 真由美

(バニーファミリー横浜)

講演2 「ネコについて」

13:25~13:45

尾前 元子

(赤坂動物病院)

講演3 「公衆衛生学的注意事項」

13:50~14:10

小林 眞理子

(日本獣医生命科学大学)

質疑応答

14:10~14:40 

14:40 ~ 17:00 休憩
15:00 ~ 17:00

特別講演
「現場が動物介在教育・療法に求めるもの」

コーディネーター 柿沼 美紀(日本獣医生命科学大学)

講演1 「教育の現場から」

15:00~15:40

矢野 英明

(帝京大学教職大学院客員教授)

講演2 「医療の現場から」

15:45~16:25

渡邊 美由紀

(社会福祉法人信愛報恩会

信愛病院 作業療法科)

 総合討論  座長:柿沼美紀(日本獣医生命科学大学)

16:30~17:00

17:00~17:05 閉会挨拶

 

4.学術大会 参加費用

  事前申し込み 当日申し込み
会員 ¥5,000 ¥6,000
非会員 ¥7,000 ¥8,000
学生 ¥2,000 ¥3,000


5.懇親会費

一般:5,000円   学生:2,000円

学術大会.gif※インターネットでのお申し込みが難しい方は、一度、電話もしくはFAXにて

ASAET事務局までご連絡ください。事務局より、申し込み用紙をお送りさせていただきます。

 

ASAET事務局 

TEL : 044-272-8421

FAX : 044-272-6041

 

6.学術大会サポーターの募集

 

動物介在教育・療法学会では、年に1回開催している学術大会の

寄付サポーターを募集しております。

寄付金に関しましては、学術大会の運営や発表奨励賞などにあてさせて

いただきますので、ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

寄付金:1口(¥10,000)より

サポーター.gif7.一般演題発表の募集

 

学術大会では、一般講演発表の募集を行っております。

 

発表を希望される方は、大会事務局より抄録原稿の送付先等をご案内しますので

下記よりお申し込みください。

 

一般演題発表の申し込み締め切り日は9月10日になります。

 

※講演発表をされる方も学術大会の申し込みが必要となります。

※学会の審査によって、カテゴリー(研究発表、活動報告)を決定したうえで

依頼することになりますのでご了承ください。

 

 

一般演題発表.gif

ASAET_学術大会A4チラシ2016.jpg

ページトップへ戻る