特定非営利活動法人

動物介在教育・療法学会

Asian Society for Animal-assisted Education and Therapy

ASAET

理事長挨拶


私は2013年2月に本学会の第二代理事長に選任された日本獣医生命科学大学の柿沼美紀です。

今年3月にあらためて理事長として選任され、3期目を迎えます。本学会は、日本の動物介在教育や療法に関係している人たちが、この分野をより科学的に探求し、話し合う場としての学会が欲しいと考え、初代理事長の樋口誠一先生の声かけのもと2008年に発足しました。

学術の発展と人材育成を軸に成長してきました。中でも人材育成に関しては日本の学術団体としての初の取り組みでした。この10年間の間に的場副理事長の主導のもとに動物介在教育のスペシャリストの育成プログラムが発足し、受講した方々は300名を超えます。学術面ではその方々を基礎的研究面で支えて行く使命を担っています。こちらは土田副理事長が地道にその充実拡大と水準の向上に取り組んで下さっています。

成長過程にある本学会ですが、多くの課題もあります。学会誌の充実拡大と水準のさらなる向上はその一つでしょう。動物介在療法の人材育成はようやくスタートを切ったところです。また介在動物に関する講習や基準づくりも今後の課題となっています。

理事長としては、皆様が学ぶこと、研究を重ねることを楽しめる学会にしていきたいと考えております。私は毎年楽しみにしている学会がいくつかあります。今年はどのような出会いがあるだろうか、他の研究者はどんな研究をしているだろうか、特別講演では何を学べるだろうか、自分の発表にどんなコメントがもらえるだろうか、とワクワクしながら準備をします。皆さんにとって動物介在教育・療法学会がそのような場になるよう取り組みたいと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。

理事長 柿沼 美紀