特定非営利活動法人

動物介在教育・療法学会

Asian Society for Animal-assisted Education and Therapy

ASAET

2018年度 第11回 学術大会 First Announcement


このページの内容


会 期:
平成30(2018)年11月9日(金)10日(土)11日(日)
会 場:
東京大学大学院農学生命科学研究科
中島董一郎ホール(東京都文京区弥生1-1-1)
主 催:
特定非営利活動法人 動物介在教育・療法学会ASAET
共 催:
特定非営利活動法人ジャパンアニマルウェルネス協会JAW


テーマ:オープンプラットフォーム「実践を研究に、研究を実践に」


大会長:

的場美芳子(日本獣医生命科学大学)
日下部守昭(東京大学大学院農学生命科学研究科)


大会開催趣旨:

当学会は、多岐にわたる学術研究者から実践家はもとより、一般市民をも含む会員から成る既存の枠にとらわれない特徴のある学会です。その特徴を生かして、本年度の学術大会は「オープンプラットフォーム」をテーマにしました。その試みとして、同じ志を持つ「特定非営利活動法人ジャパンアニマルウェルネス協会」との合同開催としました。

当学会の学術大会は、今回で11回目となります。これを機に、私たちの学術活動を一般社会に広報するとともに、新たなスタートして位置づけたいと考えています。

そして、この記念すべき合同学術大会では、以下のような企画を実施いたします。

  1. 特別講演は「行動を科学する」と題して山本淳一教授(慶応義塾大学)にお願しています。
  2. 市民公開講座は人と動物の健康をテーマに日下部大会長よりご講演いただきます。
  3. 動物介在教育エデュケーターの自主シンポジウムも継続して企画しています。
  4. 一般演題として、口述発表とポスター発表の時間も十分に設けます。優秀な発表者には、賞状と奨励金を授与します。

また、学術大会前日に開催されてきた恒例の勉強会は、会員限定の勉強会の枠を広げて、2部構成とします。1部は、どなたでも聴講可能な「セラピードッグ」をテーマとしたセミナー。 2部は、恒例の会員限定勉強会「セラピードッグの評価」を開催します。 その講師として「ドックトレーナーに必要な犬に信頼されるテクニック」などの著者であり、日本でもドッグトレーニングメソッド・アカデミックプログラムを展開され、デンマークでセラピードッグの育成にも力を注いでおられるヴィベケ・リーセ氏を招聘します。

この分野の特色である多業種のお互いの交流を通して、動物介在教育・ 療法の発展のみならず、学術大会の成果が「人も動物も健康に暮らせる豊かな社会の構築」を実現するための一助になることを祈念しています。動物介在教育・療法のみならず関連臨床・基礎領域の学生、研究者の方々、関係企業の方々、そして一般市民の皆様のご参加も歓迎いたします。

今年は戌年であり、会場の東京大学農学部キャンパスには、「人と動物の相互敬愛の象徴」とされるハチ公と上野博士像の姿をご覧いただけます。是非とも、ハチ公と上野博士像にも会いに、足をお運びくださいますようお願い申し上げます。


参加費について

本大会の参加につきましてはお申し込みフォームにてお申し込みいただき、参加合計金額のクレジット(PayPal)決済・振込みを以って受付完了となります。入金後のキャンセルにつきましては返金いたしませんので、ご了承ください。参加費は、以下の通りで全て税込みの金額になります。

事前登録期間:平成30年7月2日(月)~9月10日(月)


・勉強会

第1部:
(事前登録)会員4,000円、非会員6,000円
(当日受付)会員6,000円 非会員10,000円
*定員80名先着順となります。事前登録で満席の場合、当日受付はございません。
第2部:
(事前登録)会員4,000円 学生会員2,000円
(当日受付)会員5,000円 学生会員3,000円
*第2部は学会員であることが条件になります。また、軽食をご用意しています。


・大会参加費

事前登録(2日間)
会員6,000円 学生会員は無料 非会員9,000円
*学生会員の参加費は無料としますが、抄録集が必要な場合は2,000円でお求めください。
当日参加
会員9,000円 学生3,000円 非会員13,500円
(1日でも2日間でも同額)


・懇親会参加費

懇親会(11月10日)
要事前登録
会員5,000円 学生3,000円 非会員6,000円


・サポーター(寄附金)

一口 5,000円(抄録集にお名前を掲載)


【大会ご支援のお願い】

当学会はまだまだ認知度が低く、会員の方々の会費および自主的なご協力により運営されております。そのため、運営予算も限られ、会員の方々のボランティアに頼っている状況です。
そこで、本学術大会では「大会サポーター」として、大会を成功させるための縁の下の力持ちを募集させていただきます。一口5,000円で大会プログラムにお名前とご所属を掲載させていただきます。会員、非会員を問いません。広くみなさまにお願いいたします。どうぞ学術大会の成功をサポートいただきたく、学術大会事務局一同より心からお願い申し上げます。


一般演題募集要項

 一般演題(研究・実践報告)の発表は、11月10日(土)、11日(日)の午前中を口頭発表の時間とし、ポスター発表は会期中の会場内掲示と11月10日(土)の午後にポスターセッションを予定しています。

 当会は動物を介在させて人の教育、健康、そして福祉の発展に寄与することを目的としておりますので、発表内容はその目的に沿うものといたします。そのため、お申し込みいただいた発表内容につきましては、当学会学術調査研究担当にて審査させていただきます。

 なお、発表者は当学会の会員で会費滞納のない方(または新入会者)とし、発表は一題までとさせていただきます。共同発表者につきましてはその限りではありません。発表者は別途、学術大会参加申し込みもお済ませください。


申し込み手続きについて

 以下の「申し込み内容」の項目を下記までお送りください。お申し込みをいただいてから、受付確認の返信をお送りします。その後、審査の結果 受理の場合は抄録規定をお送りします。


申込内容:

①発表種別(実践報告or研究発表/口頭発表orポスター発表)

②演題名

③要約(300字以内)

④発表者および所属

⑤申し込み者及び連絡先(住所、所属、電話番号、メールアドレス)


締め切り:

9月1日(土)

審査報告:

9月10日(月)ごろとし、抄録原稿の提出締め切りは9月24日(月)とする。

申し込み先:

メール info@asaet.org (件名:第11回学術大会演題申し込み)
*演題申し込みのメールを送ってから3日経っても申し込み受理の返信がない場合は、学会事務局(044-272-8421)にお電話ください。