特定非営利活動法人

動物介在教育・療法学会

Asian Society for Animal-assisted Education and Therapy

ASAET

2017年度 第10回学術大会 開催予定


今年度に開催を予定しております 第10回 学術大会の概要が決定いたしましたのでご報告をいたします。


テーマ 「動物介在教育・療法における動物と教育・医療の連携」

日 時:
平成29年11月17日(金)、18日(土)、19日(日)
会 場:
帝京科学大学千住キャンパス
〒120-0045 東京都足立区千住桜木2-2-1

※ 千住キャンパスには駐車用スペースがございませんので、電車・バスなど公共交通機関をご利用のうえ、お越しください。

千住キャンパス
http://www.ntu.ac.jp/access/senju/


大会の趣旨:

近年、動物の存在が教育の質及び学習意欲の向上、人間の健康増進、高齢者や障害者のノーマライゼーション及び子供の心身の健康的な発達に大きな役割を担っていることが認知されはじめています。そして、動物介在教育や動物介在療法という名称についても知られるようになりました。

しかし、一定の基準を満たす動物とハンドラー、そして特別なトレーニングを受けた専門家(動物介在エデュケーターなど)の存在や役割については、教育の専門家である教師、指導員等、医療の担い手である医師、看護師、理学療法士、作業療法士等に、ほとんど認知されていないのが現状です。

当学会では、平成23年から「動物介在教育指導者養成講座」「セラピーアニマル評価者養成講座」が開講され、現在、動物介在教育アシスタント、動物介在教育エデュケーター、セラピーアニマル評価者のコースが開講されています。一方、平成27年からは「動物介在療法コーディネーター養成講座」の検討が開始されました。

今回の学術大会のテーマは「動物介在教育・療法における動物と教育・医療の連携」としました。動物側の専門家と人側の専門家が連携するためには、様々な課題があると考えられます。そこで、教育・医療の分野で、先駆的な実践をされている先生方にご登壇いただき、実践に至る経緯、実践内容、連携についてご講演いただき、全国各地で実践されている方のお力になればと考えています。また、研究発表、実践報告も歓迎いたします。

会員の皆様、どうぞ奮ってのご参加お待ちしております。


大会長:

石井孝弘(帝京科学大学 医療科学部 作業療法学科、教授)
押野修司(埼玉県立大学 保健医療福祉学部 作業療法学科、講師)


演題申込期限:

2017年9月25日(月)

9月1日までに仮エントリーを受け付けることになりました。以下の5事項を明記し、メールで9月1日までにお申し込みください。

メールの件名:ASAET学術大会発表エントリー

  1. 発表者名
  2. 発表者の所属先名称(所属先にホームページがあればURLを明記)
  3. 発表区分(研究または実践報告のいずれかを明記)
  4. 演題(発表タイトル)
  5. 連絡先メールアドレスと電話番号

仮エントリー先:oshino-shuji@spu.ac.jp

*メールを送信されてから大会事務局より返信がない場合は、お手数ですが学会事務局までお知らせください。

e-mail:info@asaet.org TEL:044-272-8421


演題申込要領:

使用ソフト:
MS-Word A4判 、1~2頁でお願いします。 (図表 、写真 、写真 の挿入 の挿入可、白黒印刷)
字 体:
すべて MS 明朝でお願いします。
余 白:
上下 3.5 cm、左右 3 cm
行間(本文):
1行でお願いします。
発表カテゴリー:
研究発表演題は「A」、会員活動報告発表演題は 「B」を第1頁の左上に記載して下さい。
演題名:
文字サイズは 12 ポイント、位置は中央寄せでお願いします。
発表者名:
文字サイズは 11 ポイント、位置は中央寄せでお願いします 。
所属機関名:
文字サイズは 11 ポイント、位置は中央寄せでお願いします 。
※当日の発表者名にアンダーラインを付けてください。
(記載例)
文京 太郎1) 、弥生次郎1) 、駒場杏子2)
1)~~大学**学科、2)●●センター


本 文 :
文字サイズは11 ポイント、位置は両端合わせでお願いします。
項目の例
【目的(背景)】・ ・ ・ ・ ・
【方法】・ ・ ・ ・ ・ ・
【結果】・ ・ ・ ・ ・ ・
【考察】・ ・ ・ ・ ・ ・