特定非営利活動法人

動物介在教育・療法学会

Asian Society for Animal-assisted Education and Therapy

ASAET

AAEアシスタントコース


※ 認定AAEアシスタントを希望する方は、スクーリング受講が必要になります。


スクーリング開催日程


動物介在教育 アシスタントコース スクーリング

https://www.study-dog-school.com/information/entry/post-70/
主 催:
スタディ・ドッグ・スクール
日 時:
2020年11月28日(土) 10時~12時
費 用:
13,200円(税込)
定 員:
4名
会 場:
スタディ・ドッグ・スクール新店舗( 関東での開催は当スクールのみです!)
神奈川県相模原市中央区清新1‐6‐18けやきビル2階
内 容:
動物介在教育模擬授業 アシスタントの動き 介入の方法 等
♬経験豊かな講師からたくさん吸収しよう

<申し込み・問い合わせ>

名前(よみがな)、連絡先(TEL、住所、メールアドレス)を記入の上、件名に「AAEスクーリング申し込み」と記入し、下記までお申込み下さい。
sds@animallifesolutions.com 〔FAX〕042‐712‐9148

締め切り:
11月23日(月)

※参加にあたっては、WEB講座を受講したうえでお申込みください

※テキスト(AAEアシスタントコース基礎編)、筆記用具をお持ちください。

※動きやすい服装・靴でご参加ください。


動物介在教育アシスタントコース「動物介在教育演習1(模擬授業)」
仙台スクーリングのお知らせ


今回、仙台にて開催されます動物介在教育アシスタントコースのスクーリングは新型コロナウイルスの影響を鑑み、会場にお越しいただき受講できる方は宮城県内の方に限定となります。他県の方は、オンラインでの参加となりますことをご了解ください。

*WEB講座を受講され、動物介在教育アシスタントの認定を希望される方はスクーリングの修了が条件となります。

日 時:
2020年11月21日(土) 14時~16時(ZOOM使用)
主 催:
動物介在教育エデュケーター 佐藤美月 加藤ゆかり
会 場:
まとば動物病院(宮城県柴田郡村田町村田字松崎45-2)
受講対象者:
どなたでもご参加いただけます。 (WEB講座の受講終了が望ましいですが、受講の有無は問いません。当日は、教本「動物介在教育アシスタントコース基礎編」に沿って解説するので、お持ちでない方はお買い求め下さい。)
受講費:
12,960円(税込み)
申し込み先:
こちらから 申込みフォーム
申込お問合せ:
主催講師 佐藤美月 宛にメールでお問い合わせください (件名:AAE仙台スクーリングと入れてください)

講座内容および講師「動物介在教育演習1(模擬授業)」


主催講師:

佐藤 美月
(ASAET認定 動物介在教育エデュケーター/セラピーアニマル評価者)

アニマルセラピーにおける人材教育、セラピードッグの育成に携わる。宮城県内にて出張ドッグトレーニング「BUDDY DOG」を立ち上げ活動を行う。

加藤 ゆかり
(ASAET認定 動物介在教育エデュケーター)

ホリスティックケアとドッグトレーニングの「Ka_Pilina Dog Care School」を主宰し、プロを含む一般〜専門学校生を対象に、宮城県内外で広く活動している。


招聘講師:

的場 美芳子
(動物介在教育・療法学会副理事長、日本獣医生命科学大学非常勤講師)


講座内容

模擬授業上でアシスタントの役割を、ロールプレイを通して理解する

14:00:
受講者自己紹介および動物介在教育の指導案の見方とアシスタントの役割について説明
14:30:
「犬の行動観察」理科的手法を用いた犬の行動観察の模擬授業を体験
15:00:
教科学習「国語」や教育的イベント「犬と仲良くなろう」などのプログラム体験
15:30:
「動物介在教育演習1(模擬授業)」修了書授与および認定書の申請手続きの説明など。

11月28日に相模原市でも認定動物介在教育エデュケーター主催のスクーリングが開かれる予定です。決定次第お知らせいたします。


終了したスクーリング


講座の概要

基礎講座と応用講座(教育支援犬 Ⅰ・小動物編 Ⅰ・大動物編 Ⅰ )から成る。基礎講座は、5科目15講座で構成されている。
※講座受講にはテキスト(2冊)の購入が必要になります

シラバス:

動物介在教育論 Ⅰ

動物介在教育について、動物介在教育の関連分野について、子どもと動物の関係、特別支援が必要な子どもたちについて

動物介在教育演習 Ⅰ

動物介在教育にかかわる人材、動物介在教育にかかわるリスクマネージメント

学校教育演習 Ⅰ

学校教育の基本的内容について、学校教育と動物介在教育について、子どもの現状と教育課題について

動物介在教育実習 Ⅰ

模擬授業、ロールプレイ

動物管理学 Ⅰ

感染症の予防について、動物の福祉について、学校飼育動物について、教育支援犬について


WEB講座「こいぬ座オンライン」について



2017年1月27日より、「動物介在教育アシスタントコース 基礎編」の全13講座がインターネット上で、どなたでも気軽に受講頂くことが可能になりました。

〉〉〉つづきを読む



応用講座


教育支援犬編 Ⅰ

教育支援犬編Ⅰは、教育支援犬が動物介在教育で果たす役割、教育支援犬のハンドラーの役割、教育支援犬のトレーニング方法などを学ぶとともに、実際の動物介在教育プログラムをロールプレイで体験します。

〉〉〉つづきを読む

小動物編 Ⅰ

小動物編Ⅰでは、学校飼育動物を含めて犬以外の小動物を対象とする。主な動物(ニワトリ、ウサギ、ハムスター、モルモット、ネコなど)の外見的特徴、飼育管理、対象動物の動物介在教育導入上の評価など学ぶとともに、実際の動物介在教育プログラムをロールプレイで体験します。

〉〉〉つづきを読む


大動物編 Ⅰ

現在、学会会員の中で馬介在教育に関わる学術の先生および実践家で、馬の種類、特徴、飼育管理、疾病予防、活動におけるリスクマネージメントなどをまとめ、教科書を作成中です。来春には教科書の発行とともに応用講座「大動物編 Ⅰ」を開催する予定です。


認定手続き


認定申請

動物介在教育(AAE)アシスタントコースを修了(13講座とスクーリング)されて、AAEアシスタントの資格認定をご希望される方は、申請書及び同意書などの申請に必要な書類の提出と認定審査料を添えて、申請期間内にご提出ください。また、学会会員であることが必須条件となります。

詳しくはこちらをご覧ください


更新について

動物介在教育アシスタントの資格認定の更新をご希望される方は、申請書及び資格認定委員会が求める書類に認定審査料を添えて、申請期間内(認定の有効期限の3か月前~6か月後)にご提出ください。

認定の有効期限は認定証書に記載してあります。