特定非営利活動法人

動物介在教育・療法学会

Asian Society for Animal-assisted Education and Therapy

ASAET

WEB講座「こいぬ座オンライン」について



2017年1月27日より、「動物介在教育アシスタントコース 基礎編」の全13講座がインターネット上ので、どなたでも気軽に受講頂くことが可能になりました。

以下からアクセス頂き、ご登録と講座受講料をお支払い頂くことで受講ができます。

こいぬ座オンライン https://koinuza.online/


「動物介在教育アシスタントコース 基礎編」WEB講座 (全13講座)

受講料:15,600円(税抜)
※上記料金には修了書発行手数料も含みます。


全13講座 内容

動物介在教育論 Ⅰ

  • 基礎知識「発達心理学から見た子どもと動物の関係」
  • 基礎知識「特別な支援を必要とする子どもたち」
  • 動物介在教育「動物介在教育とは」
  • 動物介在教育「動物介在教育の関連分野」

動物介在教育演習 Ⅰ

  • 動物介在教育実施に向けて「動物介在教育に関わる人材」
  • 動物介在教育実施に向けて「リスクマネージメントを考えて」

学校教育演習 Ⅰ

  • 学校教育と動物介在教育「学校教育の現状」
  • 学校教育と動物介在教育「学校教育と動物介在教育」
  • 学校教育と動物介在教育「子どもの現状と課題」

動物管理学 Ⅰ

  • 動物を活用するために「感染症予防の基礎知識」
  • 動物を活用するために「介在動物の福祉を考えて」
  • 動物を活用するために「学校飼育動物の基礎知識」
  • 教育支援犬について

以上の内容が今後は、職場やご自宅など場所を問わず、空いた時間に気軽に何度でも受講する事が出来ます。

パソコンだけでなく、スマートフォンなどのタブレット端末にも対応しております。

全13講座をすべて受講された方には、当学会より修了書を発行致します。

また「動物介在教育アシスタント」の認定をご希望の方は、全国数か所で開催される「動物介在教育アシスタントコース 応用編」を受講頂いた上で、当学会より認定証が授与されます。

※ 動物介在教育アシスタントの認定には、必要条件として、学会会員である事、また認定申請書(動物介在教育アシスタントコースに必要な教科書に添付されております)及び認定申請料のお支払いなどが別途必要となります。

詳しい内容は以下の「動物介在教育アシスタント認定までのステップ」をご覧ください。

動物介在教育アシスタントコースの教科書購入ページ→https://ws.formzu.net/fgen/S95897457/

Step
1
教科書の購入およびWEB講座「動物介在教育アシスタント(基礎編)」全13講座の受講

全13講座修了者には、学会より受講修了証が発行されます。
教科書(学会発行)「動物介在教育アシスタントコース」「人の優しさを育む ヒューメイン・エデュケーション」は、学会ホームページより購入することができます。

こいぬ座オンラインではStep1の13講座を全て受講できます

Step
2
スクーリング「動物介在教育演習1(模擬授業)」実習に参加する

スクーリングは、各地(熊本、兵庫、愛知、神奈川、東京、仙台、青森など)で予定されています。
開催会場と日程は学会ホームページでご確認ください。WEB講座の受講途中でもスクーリングには参加することができます。受講者には、スクーリング主催者(認定エデュケーター)より受講証明書が発行されます。

Step
3
認定申請書の提出および認定申請料を納付する

2017年度の認定申請料は5,000円です。
認定手続きの詳細と認定申請書は教科書の最終ページに付いています。

Step
4
学会入会手続きおよび学会年会費を納入する

動物介在教育アシスタント認定の必須条件は、学会会員であることです。
学会会員の種別および会費、入会方法については、学会ホームページの入会案内をご覧ください。

Step
5
誓約書を提出する

以上のステップを終えられた方には学会より誓約書が送付されます。
誓約書を提出後、学会認定(「動物介在アシスタント」の認定証の発行)されます。


WEB講座「こいぬ座オンライン」