特定非営利活動法人

動物介在教育・療法学会

Asian Society for Animal-assisted Education and Therapy

ASAET

AAEアシスタント 終了したスクーリング



動物介在教育アシスタントコース:スクーリング(青森開催)のお知らせ


動物介在教育アシスタントコース 基礎編 WEB講座を受講の皆様へ

お待たせしました。「動物介在教育演習1(模擬授業)」の開催が決定しました。

日 時:
平成29年4月26日(水)午後1時受付 午後1時30分~4時
会 場:
ほき動物クリニック(青森市松原3-5-13)
受講対象者:
どなたでもご参加いただけます。 (WEB講座の受講終了が望ましいですが、受講の有無は問いません。当日は、教本「動物介在教育アシスタントコース基礎編」に沿って解説するので、お持ちでない方はお買い求め下さい。)
受講費:
10,000円(税別)
申込お問合せ:
hoki@actv.ne.jp(件名:AAEスクーリングと入れてください)

講座内容および講師「動物介在教育演習1(模擬授業)」

主催講師:
保木千春(動物介在教育・療法学会認定 動物介在教育エデュケーター/セラピーアニマル評価者)
招聘講師:
的場美芳子(動物介在教育・療法学会副理事長、日本獣医生命科学大学非常勤講師他)

講座内容:

13:00:受付

13:30~14:00:受講者自己紹介および動物介在教育の指導案の見方とアシスタントの役割について説明

14:00~14:50:「犬の行動観察」

理科的手法を用いた犬の行動観察の模擬授業を実際に児童目線で体験する。

休憩10分程度

15:00~15:30:教科学習「英語」教育的イベント「犬と仲良くなろう」他

模擬授業上でアシスタントの役割をロールプレイを通して理解する。

15:30~16:00:「動物介在教育演習1(模擬授業)」修了書授与。

認定書の申請手続きやエデュケーターコースの説明など。

WEB講座を受講され、動物介在教育アシスタントの認定を希望される方はスクーリングの修了が条件となります。

5月からは仙台市で、その後、東京、愛知、兵庫、熊本などでも認定動物介在教育エデュケーター主催のスクーリングが開かれる予定です。詳細が決定次第お知らせいたします。


動物介在教育(AAE)アシスタントコース(応用講座)教育支援犬編Ⅰについて


教育支援犬編Ⅰは、教育支援犬が動物介在教育で果たすの役割、教育支援犬のハンドラーの役割、教育支援犬のトレーニング方法などを学ぶとともに、実際の動物介在教育プログラムをロールプレイで体験します。

AAE/AAAまたはアニマルセラピーの活動にご興味のある方。現在、ご自身の愛犬を伴い活動をされる方、もしくは動物介在教育の指導者を目指されている方。どなたでもご参加いただけます。

また本講座は、動物介在教育エデュケーターを目指される方の必須科目になっています。特に、ご自身の犬を伴う活動をされる方 は、実技試験を受験下さい。実技試験に合格されたハンドラーと犬は、学会が主催・後援するAAEおよびAAE関連事業に、ご自身の犬を伴って参加することができます。

日 時:
平成29年7月8日(土曜日)13:00~18:00
会 場:
専門学校仙台アニマルインターカレッジ
受講対象者:
どなたでも受講できますが、事前に教本「動物介在教育アシスタントコース」の教育支援犬の頁を学習しておくこと。(AAEアシスタントコース基礎編を受講済みであることが望ましい)
受講費:
① 犬連れでの受講者(定員3組)
ASAET会員およびWEB講座修了者16,200円、一般21,600円(税・資料代込)
実技試験(希望者)は犬と受講者のペアー:10,800円(税込)
*事前に参加犬の畜犬登録証・予防ワクチン証明書のコピーおよび健康調査書の提出が必要です。
② 犬なしでの受講者(定員5名)
ASAET会員およびWEB講座修了者10,800円、一般16,200円(税・資料代込)
講義内容:
教育支援犬のトレーニング、ハンドラーの役割、教育支援犬の評価、実際の活動を想定したロールプレイなど。