特定非営利活動法人

動物介在教育・療法学会

Asian Society for Animal-assisted Education and Therapy

ASAET

教育支援犬 Ⅰ


講座の概要について



教育支援犬編 Ⅰ は、教育支援犬が動物介在教育で果たす役割、教育支援犬のハンドラーの役割、教育支援犬のトレーニング方法などを学ぶとともに、実際の動物介在教育プログラムをロールプレイで体験します。

AAE/AAAまたはアニマルセラピーの活動にご興味のある方。現在、ご自身の愛犬を伴い活動をされる方、もしくは動物介在教育の指導者を目指されている方。どなたでもご参加いただけます。

また本講座は、動物介在教育エデュケーターを目指される方の必須科目になっています。特に、ご自身の犬を伴う活動をされる方 は、実技試験を受験下さい。実技試験に合格されたハンドラーと犬は、学会が主催・後援するAAEおよびAAE関連事業に、ご自身の犬を伴って参加することができます。

受講資格:
どなたでも受講できます。
AAEアシスタントコース(WEB講座)基礎編を受講済みであること、もしくは事前に教本「動物介在教育アシスタントコース」の教育支援犬の頁を学習しておくことが望ましい。
講義内容:
教育支援犬のトレーニング、ハンドラーの役割、教育支援犬の評価、実際の活動を想定したロールプレイなど。


開催日程


今年度の教育支援犬 Ⅰ

本サイト上で予定を公開してまいります。


終了した教育支援犬 Ⅰ


動物介在教育(AAE)アシスタントコース(応用講座)教育支援犬編 Ⅰ について


教育支援犬編 Ⅰ は、教育支援犬が動物介在教育で果たす役割、教育支援犬のハンドラーの役割、教育支援犬のトレーニング方法などを学ぶとともに、実際の動物介在教育プログラムをロールプレイで体験します。

AAE/AAAまたはアニマルセラピーの活動にご興味のある方。現在、ご自身の愛犬を伴い活動をされる方、もしくは動物介在教育の指導者を目指されている方。どなたでもご参加いただけます。

また本講座は、動物介在教育エデュケーターを目指される方の必須科目になっています。特に、ご自身の犬を伴う活動をされる方 は、実技試験を受験下さい。実技試験に合格されたハンドラーと犬は、学会が主催・後援するAAEおよびAAE関連事業に、ご自身の犬を伴って参加することができます。

日 時:
平成29年7月8日(土曜日)13:00~18:00
会 場:
専門学校仙台アニマルインターカレッジ
受講資格:
どなたでも受講できますが、事前に教本「動物介在教育アシスタントコース」の教育支援犬の頁を学習しておくこと。(AAEアシスタントコース基礎編を受講済みであることが望ましい)
受講費:
① 犬連れでの受講者(定員3組)
ASAET会員およびWEB講座修了者16,200円、一般21,600円(税・資料代込)
実技試験(希望者)は犬と受講者のペアー:10,800円(税込)
*事前に参加犬の畜犬登録証・予防ワクチン証明書のコピーおよび健康調査書の提出が必要です。
② 犬なしでの受講者(定員5名)
ASAET会員およびWEB講座修了者10,800円、一般16,200円(税・資料代込)
講義・実習内容:教育支援犬のトレーニング、ハンドラーの役割、教育支援犬の評価、実際の活動を想定したロールプレイなど。